犬島「家プロジェクト」I邸
COMMENT
犬島「家プロジェクト」六箇所目最終地点に位置する展示施設。元来た海が再び見え始め、旅の終着地点をほのめかす場所に建っている。施設は妹島和世氏によるものでこちらもC邸・F邸同様古い家屋の木材や瓦を再利用し作られており、もともとあった民家とほとんど同じ形の建物に大きな開口部二つを加えた形となっている。一つは今やってきた事を見返す窓であり、もう一つはこの敷地の先にある海へと開く窓である。[※1]前庭には季節の変化を楽しめる花々が植えられ、島の人々と協力しながら育てているとの事。[※2]

 [01-05:2016年1月4日 アーティスト:小牟田悠介 / 作品名:プレーンミラー・リバース]

小牟田悠介氏による「プレーンミラー」と「リバース」というニ作品が展示されており、「プレーンミラー」の方は大小様々な大きさに刻まれたミラーが一つになったような作品で、犬島での体験を振り返る場として考えられたもの。I邸を取り巻く全景を建築の内部に取り込み鑑賞者もまた犬島の景の一部である事が体験できる。[※2] 前庭がとても可愛らしく、それまでの体験を振り返ってまた違う季節に来てみたいと思わせる設えになっています。 。
REFERENCE
PUBLICATION
[※1]:新建築 2010年9月号
[※2]:犬島チケットセンター案内
HOMEPAGE
DATA
建築名称
犬島「家プロジェクト」I邸
所在地
岡山県岡山市東区犬島
設計者
構造設計
シマムラ建築工房[※1]
芸術監督
長谷川祐子[※A]
施工者
大本組[※1]
用途
建築様式
現代建築
建築年代
平成22年/2010年6月[※1]
構造
木造[※1]
規模
地上1階[※1]
敷地面積
685.04u[※1]
建築面積
49.69u[※1]
延床面積
39.77u[※1]
MAP
Copyright(C) 2016-2016 ARCHITECTURE DATABASE ALL Rights Reserved